グループウェアの活用

グループウェアは、複数のユーザがインターネット上のクラウドを介して情報共有を行うシステムのことを指します。


近年の通信技術の拡充によって、私たちの生活の身近にはどこでもインターネットへのアクセス環境があり、いつでもグループウェアのようなシステムを利用することができます。



グループウェアのようなクラウドを用いた情報共有システムはどちらかといえばビジネスシーンでの利用が中心とみられがちです。


例えば、ある部署でミーティングを開催するシーンを考えてみると、まずは参加者のスケジュール調整や、事前に資料の配布、ミーティング終了後には出てきた意見やアイディアをまとめたレジュメの共有など、多岐に渡って活用することができます。

お客様に相応しい産経ニュースについて知りたいならこちらです。

次にプライベートなシーンとして趣味のサークルでの活用シーンを考えてみます。



サークル活動のスケジュール調整や、活動の記録や写真などをメンバー同士で共有することができます。

ビジネスシーンとプライベートシーンのどちらにも共通していることは、グループウェアの活用によって情報共有する範囲を事前にユーザが決定できることにあります。言い換えれば、ソーシャルネットワークのような世界中の誰もがアクセスできる情報とは違い、事前に決まったメンバーの中で情報のやり取りができます。

それゆえ、写真などのプライバシー性の高いデータでも、安全性を確保した状態でインターネットを介して共有することができます。

この点がグループウェアを活用するうえで大きな魅力となります。