グループウェアについて

グループウェアを、皆さんは利用したことがありますか。
企業などの大規模な組織では、たった一つの情報伝達の遅延が、プロジェクト全体の足を引っ張ります。

それを防ぎ、デジタル上で情報を共有しながら全体でスケジュールを調整できるソフトウェアが求められました。それが、グループウェアです。
社内ネットワークに組み込むことで、ネットワーク内すべてのコンピューターが情報を共有できるようになり、全体の業務の遅れを減らすことが出来ます。

少し前までは、すべてのパソコンにソフトウェアをインストールする必要がありました。



そのため敷居が高く、使用する企業も多くはありませんでした。

しかし、近年ではインターネット技術の向上により、ホストだけがソフトウェアをインストールするウェブブラウザ式が生まれ、敷居は大きく下がりました。


グループウェアは企業内での作業を効率化できるように、多くの機能を保持しています。


電子メール、電子掲示板、ライブラリ機能、スケジュール管理、電子決済、設備予約、ファイル共有機能。



これらはすべて、全体で情報を共有することが出来る為、全体での情報伝達が正確に行えるようになります。

また、これらの機能は使用者を区切ることも可能です。

信頼性の高いFC2まとめは評判がとっても良くて有名です。

プロジェクト内だけが使える掲示板や、課ごとに分けられたスケジュールなど、企業内で使用者を制限することが可能なのです。目的に合わせた様々な機能を持つグループウェアは、社員一人一人のストレスを軽減し、より良いプロジェクトを作ることが出来るようになります。