グループウェアの扱い方

グループウェアとは、企業内などの大規模な組織の中で、情報を正確に速く伝達するための、コンピューターネットワークを使用したシステムソフトウェアです。

同じネットワーク内に接続されたコンピューター同士で素早く情報を共有し、多くのメンバーのスケジュールを皆が簡単に閲覧できるようにすることで、作業の遅延を減らし、業務をまとめて効率化することが可能です。



昔はすべてのコンピューターにソフトをインストールする必要がありましたが、コストが高い、osごとに手間がかかるなど、問題点もありました。

現在では、インターネット技術の向上によって編み出された、ウェブブラウザ方式が主流です。


ホストがソフトをインストールするだけで、oたとえosが違っても全体でグループウェアを利用できるなど、非常に便利に作られています。

グループウェアは企業内での作業を効率化するため、基本機能が非常に充実しています。

電子メール、電子掲示板、ライブラリ機能、スケジュール管理、ワークフローと呼ばれる電子決済、設備予約機能、ファイル共有機能などです。



これらは飽くまで一会例、最低限の物が同じ課の人だけが見れるbbsにしたり、プロジェクト内だけで行う会議などを作ったりと、自由度が非常に高いのが特徴です。

目的に合わせて、使用する機能、重視する機能、省くべき機能を考え、より効率的にグループウェアを運用することも出来ます。

エキサイトニュースついてはこちらのサイトでご確認ください。

多くの機能を兼ね備えたグループウェアは、社員一人一人のストレスを軽くし、全体の作業を円滑にすることが可能です。